縁結びとセット

男女

呪いと間違えないで

縁切りとは、何らかの関係性を断ち切ることをさします。断ち切る縁には様々なものがあり、人の縁、物の縁、土地の縁、仕事の縁など様々です。たいていの人が思いつくのは人の縁で、誰かとの関係性を絶ちたいと考えるときに縁切りをイメージするというケースが多くなっています。ただ初心者は縁切りについて勘違いしていることが多いので注意が必要です。多くの初心者は呪いと混同していることが多く、本当の縁切りがわかっていないことが多いのです。縁切りとは、自分と何かの縁を切ることであり、誰かの縁を切ろうとイメージすることではありません。不倫をしていたり恋愛で悩んでいたりする人は、気になる相手がパートナーと別れてほしいという形で縁切りを願ってしまいがちです。ですがそういう形の祈りは呪いであり、自分自身にも跳ね返ってくるよくないものです。最終的な自分の幸せを考えるのならば、自分自身にまつわるよくない縁を切ることが先決です。よくない縁を切ると、その後自然とよい縁が集まり、縁結びにつながります。あくまで縁の主体は自分であることを意識しましょう。主体が自分であっても、相手の死や不幸を願うのは呪いです。相手との関係性を断ち切り、自分は自分として生きていくことをイメージするのが本当の縁切りです。邪念が強い場合はよくない結果になりがちなので注意しなければなりません。邪念が入らないように、なるべくシンプルに考えるようにするのが大切です。

Copyright© 2018 願いが叶うおまじないで恋愛運をアップ【効果が高いおまじない】 All Rights Reserved.